はじめてのキャッシング~お金を借りるのは恐くない~

テレビCMなどでキャッシングサービスは身近な存在になり、プロミスやアコムなど大手消費者金融のキャッシングサービスの名称は誰もが知るところとなりました。街なかでは、キャッシングの店舗が至るところにあるのを見かけますよね。でもそんな身近なキャッシングでありながら、「キャッシングでお金を借りるのは恐い」と思っている方も多いのではないでしょうか?キャッシングがこれだけ一般に普及しているのは、ちゃんと訳があります。使い方さえ誤らなければ、キャッシングは実は便利で手軽なサービスです。はじめてキャッシングをするのであれば、当サイトでキャッシングの知識を学んでみましょう。

お金借りる前2

キャッシングとは

キャッシングとは、消費者金融や銀行が個人に対して行う小口融資のことです。キャッシングは「フリーローン」とも呼ばれ、使い道が自由であることが特徴です。住宅ローンやマイカーローン等は、その名の通り、家や車を購入するという決められた用途にしか借りたお金を使うことができませんが、キャッシングで借りたお金は、自分の好きな用途に使うことができます。また、小口融資であるため、申し込んでから、最速であれば即日にでもお金を借りられることも特徴です。

キャッシングできる年齢・職業

キャッシングできる年齢は、キャッシング会社によって異なっていますが、多くの大手消費者金融では下限を20歳以上としています。まれに18歳以上という会社もあるようです。また、年齢の上限も、各社まちまちですが、65歳~69歳というところが多いようです。ちなみにキャッシングサービス最大手のうちのひとつ、プロミスでいうと、申し込むことのできる年齢を「20~69歳まで」としています。

また、キャッシングをするにあたって特に職業や雇用形態に制限はありません。安定した収入を得られているのであれば、アルバイトやパートでも、また肩書が主婦や学生であってもお金は借りることができます。

キャッシングの審査ってどういうもの?

各キャッシング会社では、お金の借り主に「どの程度の返済能力があるかどうか」を審査してから、それにより融資の可否や、貸し出すお金の額を決定します。本人の信用情報をきちんと確認してから貸し出しますので、担保や保証人は必要ありません。その代わり、その審査に落ちてしまった場合は、お金を借りることはできません。審査があると聞くと、何か難しいことのように感じられますが、そんなことはありません。次の項目で、キャッシング申し込みの際に確認される項目について、みてみましょう。

キャッシングの審査で必要な情報は?

基本的な氏名や生年月日、住宅情報(住所の他、持ち家か否か等)の他に、確認されるのは「勤務先情報」です。キャッシング会社は収入によって、本人の返済能力を計りますので、勤務先の情報は必須となります。勤務先の住所・電話番号の他に、入社年月や年収、健康保険証の種類も確認されます。当然ながら、こういった本人確認のための情報に虚偽があっては、審査に落ちる可能性が高くなりますので、気をつけましょう。また、キャッシングで確認されるものとして、勤務先への「在籍確認」があります。申込者本人が、申請した勤務先で実際に働いているかを電話で確認するものです。「勤務先にキャッシングでお金を借りたことがバレると困る!」と思われますが、在籍確認の際には、キャッシング会社が社名を名乗ることは決してありませんので、ご安心ください。通常は、キャッシング会社のスタッフが個人名で電話をかけてきます。もしそこで席を外していて、自分が電話を受けられなくとも、在籍していることが確認できさえすれば問題ありません。

借り入れについて

審査に通ったら、お金を借りることができるようになります。借り入れの方法は、キャッシング会社により異なりますが、さまざまな方法でお金を受け取れるようになっていますので大変便利です。たとえば、インターネットや電話で自分の口座に振り込んでもらうこともできますし、全国にあるキャッシング会社の店舗や、自動契約機、キャッシング会社提携ATMで現金を受け取ることもできます。つまり、自宅にいても、外出先でもお金を借りることができるのです。

返済について

キャッシングで借りたお金の返済方法も、借り入れと同様に様々な方法を選ぶことができます。例えば、プロミスでしたら、ネットバンキングやプロミス店頭、プロミスATM、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート等、コンビニでも返済可能です。返済方法や、返済日も各社異なっていますので、必ず借り入れの前に公式サイトで確認しておきましょう。

お金借りる前

まとめ

ここまでで、キャッシングの基本情報についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。キャッシングでお金を借りることは、実はそんなにハードルが高いものではないことをご理解いただけたでしょうか。各キャッシング会社とも、返済や借り入れ、申し込みとも様々な方法で可能になっていますので、ますますこれから便利になるでしょう。キャッシングのお申し込みは、インターネットでいつでもできます。お困りの際には、まずは公式サイトからキャッシングへ申し込みをしてみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ