ブラックリストでもお金を借りる方法を調べました

ブラックリストに載ってしまった人は、お金を借りる事は出来ないのでしょうか。絶対に借りれない事はありません。中堅規模以上の金融機関でおまとめローンの相談をしてみる事、各都道府県が実施している生活福祉資金貸付制度に借り入れを相談してみる事等が、ブラックリストに載ってしまった人の借り入れをする方法となります。?しかし、おまとめローンに関しては、ブラックリストの人が審査が通るかどうかは、各金融機関の基準と申請者の状況によるところがあるので、NGとなる可能性があります。また、生活福祉資金貸付制度に関しては、色々と条件がありますので、御住まいの都道府県の役所の福祉課等の窓口で、相談してみて下さい。?生活福祉資金貸付制度の融資対象者は、低所得者世帯、市民税が非課税になる程度の低所得者、障害者、身体障害者手帳等の社会福祉手帳を交付されている世帯、高齢者世帯、65歳以上の高齢者の属する世帯、となっており、連帯保証人を立てる場合はは、無利子。連帯保証人がいない場合は、年利1.5%となっております。なお、生活福祉資金貸付制度は、信用情報機関に加盟していない為、申請者がブラックリストの対象者か否かは、審査基準に関係していないというのも特徴です。しかし、ブラックの方に対しても即日融資を謳う業者はとても多く、申し込みから契約、入金の流れがとてもスムーズなのが最近の中小企業のキャッシングの特徴でも有ります。従来、お金を借りるとなれば、審査という難関で足止めを喰わされる場面も多く、またそれに時間がかかるのが当たり前でした。即金となればそれなりの高金利を支払うことを覚悟で怪しげなお金を借りることが常識でも有りました。?現在、キャッシングを行う貸金業者は貸金業法の改正による総量規制や、利息制限法で消費者に不利な貸し付けは行うことが出来ません。間口が狭くなった分、貸金業者は自動審査のシステムなどを導入してスムーズな流れで消費者ニーズに応える貸し付けを行うようになったのです。借りやすい時代になりました。?

サブコンテンツ

このページの先頭へ